ゴルフクラブメーカーであるキャロウェイが開発したXHOTスプーンは300ヤード飛ぶという話題のクラブです

初めてのゴルフセットはキャロウェイがイチオシ

ゴルフクラブメーカーのキャロウェイのXHOTは飛びます

ゴルフクラブメーカーのキャロウェイは、少し前に石川遼が移籍したということで話題になりました。その後、直ぐにキャロウェイはXHOTスプーンという300ヤードの飛距離を出す事ができるフェアウェイウッドを発表しました。300ヤードといえば、ドライバーよりも飛距離が出るか、同じくらいです。ゴルフのルールとしては、必ずしもドライバーを使用しなければならないというルールはありません。ドライバーを苦手としている人は多いですし、XHOTスプーン・フェアウェイウッドで300ヤードも飛ばせるのであれば、そちらを使ったほうが安定したゴルフをすることが出来るので、とても話題となっています。

ゴルフクラブメーカーのキャロウェイに所属をしている世界的に有名なプロゴルファーにフィル・ミケルソンというアメリカの選手が居ます。彼は、キャロウェイのXHOTスプーン・フェアウェイウッドを使用して300ヤード強の飛距離を出して、世界的に有名な全英オープンで安定したゴルフを展開して優勝をしました。ドライバーよりも安定してフェアウェイをキープできることは、精度の高いセカンドショットを打つことを約束してくれます。苦手なドライバーを使うよりは安定したショットが打てるクラブを使用することはとても大切なことであると感じます。

XHOTスプーンは別名フランケンとも呼ばれています。フランケンの綴りはFURANKENです、PHRANKENとされており、フィル・ミケルソンのPHILLをもじってPHRANKENにしたという逸話があります。キャロウェイのXHOTスプーンは進化するゴルフ道具のなかでも、まさに次世代のクラブだと言えます。

Copyright 2017 初めてのゴルフセットはキャロウェイがイチオシ All Rights Reserved.