キャロウェイのゴルフクラブでは、ウッドのバランス調整ができます。重くすることで飛距離が変わります。

初めてのゴルフセットはキャロウェイがイチオシ

キャロウェイのゴルフクラブでウッドのバランス調整

てこの原理があります。重いものを持つときに、てこを利用することでより重いものを動かすことができる方法です。機械が発達した現代においては機械に頼ることが多いですが、昔はすべて人の手で行わなければいけませんでした。重い石を持つときにも、できるだけ軽い力で済むように工夫されたのだと思います。その場合においては、棒の長さであったり、重さなどを変えることで、適切な道具を作り出すことになります。調度よいバランスを求めることになります。

ゴルフにおいては、スポーツになります。人の体の力と、技術によってスコアを良くすることになります。まず行うこととしては、ボールを遠くに飛ばすことでしょう。それで使うものとしてはウッドがあります。ウッドは他のクラブに比べて長さがあり、ヘッド部分が重たくなっています。それに比べて短いアイアンを使ったときに比べると、かなり飛距離に差が出ることがわかります。長い分当たりにくくなるので、ヘッドコントロールの技術が必要になります。

キャロウェイのクラブにおいては、ウッドのバランスを調整することができるようになっています。自分の使いやすいように重くすることができるのです。重くすることによって、飛距離は狙えますが、コントロールはしにくくなることがあります。それを考えて調整する必要があるでしょう。今使っている物である程度コントロールができているのであれば、重みを加えて飛距離アップを狙うこともあると思います。スコアにも影響させられるかもしれません。

Copyright 2017 初めてのゴルフセットはキャロウェイがイチオシ All Rights Reserved.